季節の行事「節分」の由来を子どもと学ぶ

どうも鬼です。(ある意味本当に鬼です)

2月3日は節分ですね!

息子の保育園には毎年、本気鬼と、年長組扮する小鬼集団がやってくるわけですが、
この時期、毎年毎年かなりナーバスです笑
うちだけでなく、大半の子どもがドキドキしているようです。
(どんだけコワイんだ本気鬼・・・)

節分=鬼が来て豆撒いて鬼を追いはらう日

という、このままだと年に一度の恐怖の日になってしまうので、
興味が持てる範囲で節分の由来や意味を伝えられたらと思います。

子どもに説明するときのポイント

  1. 節分の次の日から春(立春)
    ・節分は年に4回
  2. 鬼の対処法
    ・鬼退治3点セット
    ・鬼を手なずける
  3. 鬼の正体
    ・邪気の象徴
  4. おすすめ絵本
    ・日本昔ばなし『節分の鬼』
    ・『泣いた赤鬼』
  5. 注意点
    ・教えたがり精神をぐっと飲み込む
    ・おはなしの仕方
    ・無理強いしない

1.節分の次の日から春(立春)

節分はそもそも季節を分ける節目の日ということで、年に4回ありました。
立春、立夏、立秋、立冬、それぞれの前日を節分と呼んでいました。

そして、旧暦では立春から新年となるため、2月3日は大晦日ということになり、
新年を前に邪気を払い、新しい年の幸福を祈る行事として、特にこの節分が大切にされてきたことから、
現代にも残り、立春の前日を節分と指すようになったと言われています。

というわけで、
「実は、春・夏・秋・冬のはじまる前の日は全部節分なんだって!」と
子ども数名を集めて話をしてみたところ、

「え〜4回も鬼来るの〜?」

という反応。シメシメ・・・食いついてきました笑
この流れで鬼の対処法を子どもたちと考えました。

 

2.鬼の対処法

・鬼退治3点セット
ここで子どもたちにクイズ。

「な〜んだ?」みたいなテンションの話ではないのです。
今、子どもたちは4回も来るやもしれぬ鬼に怯えているので、
そのムードを大切にすると、より話にのめり込んでくれます。

さあ、稲川淳二風に。
「鬼が嫌いなもの分かる?」

豆はみんな分かるのですが、珍回答がでてきておもしろかったです笑

・きゅうり(お盆と間違えてる)
・とうもろこし(やさい縛り)
・葉っぱ(ざっくり)
・つつじ(また縛り)
・アジ(おしい)
・サンマ(やっぱり縛り)

正解は
<鬼退治3点セット>
・豆
・イワシ
・ひいらぎの葉

です。そしてなぜこの3つか。

まず豆。昔、鬼を豆で追い払ったという言い伝えももちろんありますが、
魔目(まめ)とか、魔滅(まめ)の意味があるそうです。

そして豆は炒ったものを使います。
生豆だと、鬼退治に投げた豆から芽が出てしまい縁起が悪いと言われているからです。
あとは、射る(炒る)の意味もあるそうです。

『魔の目を射る』

すばらしく深いダジャレですね。

そしてイワシは、その生臭さを鬼が嫌うためとされ、
ひいらぎの葉は、そのトゲトゲで鬼の目を刺すそうです。コワイ。

他にも諸説ありますが、
とりあえず子ども的には、この3つがあればどうにかなる、という気持ちになってきました。
「臭いのがきらいならオナラでもいいね、わはははは〜」
なんてくだらないことを言うのはうちの息子です。
事実、強烈なので退治できそうですが、だんだん恐怖だけの日ではなくなってきました。

・鬼を手なずける
のちほどご紹介するおすすめ絵本『節分の鬼』の中で
「鬼は内〜鬼は内〜」という場面があります。

寒い中、どこへ行っても「鬼は外〜」と追い払われた鬼たちは、迎え入れられたと、大喜びします。
そこらじゅうの鬼がうじゃうじゃ来るし、また来年も来るって言うし、
その覚悟がある場合は「鬼は内〜」で仲良くなってしまいましょう。

そして、実際に「福は内、鬼も内」いう地域もあります。
お寺の記事を目にすることがあったのですが、
鬼をも改心させて弟子にしたという言い伝えがあるそうで、このような掛け声になったそうです。

鬼さえも改心させる力、という意味と
どんな悪い鬼だって改心する、という信じる気持ちの意味
これもまた深いです。

 

3.鬼の正体

”邪気”、”悪いこと”の象徴として”鬼”が使われています。
なので、悪いことをすると子どもたちを連れていくわけではありませんので、
お母さんたち、嘘つかないように笑

悪いことをすると、鬼が来たり、サンタさんが来なくなったり・・・
だから悪いことはしない!

ではなくて、それだと”悪いこと”の意味が全く伝わりませんので、
悪いことをすると周りに迷惑がかかるからいけない、ということを
きちんと伝えられるといいですね。なかなか難しいところですが。

具体的には、今度
『鬼やサンタさんに頼らないメリハリのある叱り方』というタイトルで書いてみます笑

 

4.おすすめ絵本

鬼をてなずける話のところでも書きましたが、

・日本昔ばなし『節分の鬼』


泣けるし、鬼いい奴じゃん、みたいなお話です。
大人的にはさらに色々考えさせられます。

生きることの大切さとか、絶望の中にも良いことは必ずあるとか、
私は感じたのですが、考えすぎ?笑

・『泣いた赤鬼』


もう、これは涙が止まらなくなります。
お話はしっかり子ども向けなのですが、大泣きです。

そしてそして、『YAWARA!』とか『20世紀少年』などを描かれている漫画家の浦沢直樹さんが画を描かれているのですが、
漫画家の人が絵本を書くなんて珍しいな〜と思って手に取ったのがきっかけ。
漫画を読んでいるような、絵の細かさと躍動感があるけど、シンプルで”絵本”でした。
全然漫画読まないくせに、語りましたが、すごく好きです。

とにかく、どちらの本も節分=恐怖の日のイメージは払拭されること請け合いです。

 

5.注意点

・教えたがり精神をぐっと飲み込む
節分の由来をきちんと教えなきゃ、と思うと
ついつい知識をわーっと言うだけで、つまらない話になってしまいます。

1から10まで全部伝えるのではなく、その子の様子で興味を持ちそうなところだけ、おはなししてみてください。
毎年、節分の日に知識が深まっていくのもいいですね〜

・おはなしの仕方
こういう話は、興味がないと聞けないことが多いので、
導入のときに、「ねえ、知ってる?」とちょっとミステリアスに、
小さな声でみんなには内緒の特別なお話でもするように、おはなしをはじめてみてください。

この技は、わーわーみんなで騒いで興奮状態な時にも使えます。
私が所属していたガールスカウトでも、「静かにしなさい!」は言いません。
大人が黙ってじーっと静かにすることで、子どもたちの注意を集めます。

・無理強いしない
季節の行事や、その意味を伝えたい。
私は特に大切にしています。

でも、無理やり伝えようとしても、全く伝わらないどころか、嫌になってしまって効果半減。
子どもの状況を見て、可能であればという気持ちで。
毎年、節分は来ますから!

 

まとめ

節分とは、邪気を払って新しい1年の幸福を願う行事です。

・鬼は”邪気・悪いこと”の意

・豆(炒)は”魔の目を射る”の意

・豆だけでは心配なら、イワシひいらぎの葉の用意を。

・そして、鬼はいい奴かもしれない。

・次の日から

この辺のポイントを押さえておけば十分かと。
あとは、節分にまつわる質問が子どもからあれば「えへん!」と答えてあげてください。

今年は息子も小鬼集団。
これまでの恐怖を倍返しだ!(古)